名古屋SADスピーチサークル 社会不安障害、極度のあがり症さん、集まりましょう!

名古屋でSADスピーチサークルあがっていこう!の会のメンバーを募集してます。極度のあがり症、スピーチ恐怖症、対人恐怖症、視線恐怖症、書痙

とにかく人前が苦手な方
震え、吃り、赤面等

身体症状が酷くてお悩みの方

共に、あがり症を克服しましょう!

朗読は言葉の反射神経が身につく

第17回あがっていこう!の会


参加者さん感想


40代男性


『「朗読は言葉の反射神経が身につく」

この言葉を聞いて、普段 頭が真っ白になる自分には1番必要かと思えた。』


頭が真っ白になる

これ、分かりますよね〜


とっさに適切な言葉が出てこない


会話のキャッチボールがうまくいかない


はい、私の事です(笑)


以前も記事にしましたが、今回は、なぜ朗読をサークルに取り入れているか少し説明させて頂きました。



魚住りえさん著書

たった1日で

声まで良くなる話し方の教科書



この本の中で、魚住さんは「1日5分の朗読トレーニングで話し方は劇的に上達する」と仰っています。


魚住さんは新人アナウンサーの頃、コメントを求められるのがとても苦手だったみたいですね。


番組でとっさに良いコメントが出てこなくて「シーン」となり、放送事故のような失敗を何度も繰り返したそうです。


そんな魚住さんが週に何度もナレーションの仕事をこなすようになって不思議な体験をしました。


ある番組の中で、突然コメントを求められた時、瞬時に言葉が出てきて、躊躇せずに受け答えできている自分に気づきました。


考えが浮かんだと同時にすぐに言葉が溢れてくる。まさに「言葉の反射神経」が良くなっていたのです。


朗読とは、ただ読む音読ではなく、文章の意味を理解し聞き手に自分の言葉を届けるのが目的。


朗読こそが「相手の心を動かす話し方」に繋がります。


そして、声に出して読むという行為は確実に脳に蓄積されボキャブラリー形成に役立ち「適切な言葉をスピーディーに選び出す能力」が身につくそうです。


まぁ、興味がある方は本買って読んでちょーだい!読むだけじゃあかんけど(^^)


でも


あがり症を克服するには、こういったテクニックを学ぶよりもメンタル面を


緊張に対する思考を変えていくのが1番やね


それに尽きると思う


あがってもいい〜!


と、自分に言い聞かせてます(笑)



名古屋SADスピーチサークル


あがっていこう!の会


仲間募集中!


お問い合わせはこちらから


あがり症さん、集まれ\(^o^)/






トムさん主催


小牧あがり症スピーチ練習会

まだまだ募集中!


小牧スピーチ練習会詳細

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。