名古屋SADスピーチサークル 社会不安障害、極度のあがり症さん、集まりましょう!

名古屋でSADスピーチサークルあがっていこう!の会のメンバーを募集してます。極度のあがり症、スピーチ恐怖症、対人恐怖症、視線恐怖症、書痙

とにかく人前が苦手な方
震え、吃り、赤面等

身体症状が酷くてお悩みの方

共に、あがり症を克服しましょう!

あがり症を軽減「拍手喝采3,000回」

第10回あがっていこう!の会 参加者様感想②



Yさん


今日、教えて頂いた「拍手喝采3000回」の話、目からウロコでした。是非ここぞ!という場面でやってみようと思います。


あがりに関しては、以前は(予期不安→本番はさらに緊張)の流れだったのに、この会では(予期不安→少し落ち着く)に変わってきました。


毎回着実に効果を感じているので、また来年も是非、仲間に入れてください。




麻生けんたろうさん著書、さようなら「あがり症」の中に、こんな事が書いてあります。


「脳は矛盾を許さない」事を利用する


竹田製菓の会長、竹田和平さんは、運を良くしたければ「ありがとう」を1日3,000回言うことだと言います。


面白いのが、この時「感謝の気持ちがなくてもいい」ということです。


実は、ここに脳のカラクリがあります。最初は気持ちがこもっていなくても、3,000回も言っているうちに


「どうして私は、ありがとうと言っているのだろう?」という疑問が沸き起こってきます。


なぜなら、脳は絶対に矛盾を許さないからです。


「ありがたい」と思っていないのに「ありがとう」というのは、おかしい。


きっと理由があるはずだと脳は勝手に答えを探してきます。


そして小さな理由を見つけては、心から感謝するようになるのです。


これこそ、潜在意識が働いてる証拠です。


この脳のカラクリを同じように利用すれば、あがりを消すことができます。


例えば、講演前に


「拍手喝采、拍手喝采、拍手喝采」と3,000回声に出すのです。40分もあればできます。


コツは、できるだけ短い言葉にすることと、呼吸をするのと同じように機械的に行うことです。


すると講演が拍手喝采になる理由を脳が勝手に探してきて、本番であがらなくなります。




どうですか?皆さん


やってみようと思いました?


以前の私なら少し試して挫折するか


やってもないのに、やろうともしないのに


「こんなの効果があるわけない」って思っていました。


この参加者さんが凄いのは、素直に受け取り、すぐに行動に移そうとする事


やってみなければ、わからないのです。


わかっている事は、本番直前、本番中に


あがるな!


落ち着け!


と思っても逆効果、コントロール不可能


何をやっても意識は自分の緊張に向いてしまいます。


無意識の力、潜在意識を味方につけなければ、あがりを抑える事は出来ません。


本来持っている脳の仕組み、皆さんも利用してみませんか?


しかし、Yさんは凄い!


この方が毎回、効果を感じてくださるのは


間違いなく、本人の努力!


俺は何もやっとらんし(爆笑)


でも、こうして効果を感じてくださり


この場所を必要としてくださる方がいる


ほんの数年前は、自分は存在価値のない人間だと思っていました。


本当に皆さんに元気をもらってます!





名古屋SADスピーチサークル


あがっていこう!の会


仲間募集中!


お問い合わせはこちらから

https://ws.formzu.net/fgen/S94155712/


あがり症さん、集まれ\(^o^)/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。